女性スタッフ

酵母の力で汚れを分解するバイオサークルで安全にサビや油汚れを洗浄

型作りで作業を効率化

男の人

精密機械や、車のエンジン部分などを作る際には、木型を試作します。木型とは、部品の形などの型を造り、正常に動作するか確認する時に利用されます。これがないと、毎回同じ部品を作るのに、手で削るなどの作業が必要になります。まったく同じものを作るのは人の手では難しいところがあります。人の技術は個人差があるので、まったく同じ部品の量産は難しいのです。しかし木型があることにより、木型を元に作った砂型に鉄や素材を流し込んで鋳型を行ない、同じ形の部品を量産することができます。木型は元々、試作のために木材を職人が削って作っていたことから木型と呼ばれています。しかし、今では、材質は木材からアルミや鉄、PPなどさまざまなものに変わっています。呼称はそのままの木型、もしくは材質によって金型と呼ばれているものもあります。製品などの動作確認で試作する場合には、現代では3Dプリンタが利用されることも増えています。3Dプリンタの登場により、作業がより簡易になり、さまざまな材質で作られるようにもなりました。細かい部品や携帯電話の機械などでは、試作によって動作検証して、製品の開発がされています。基盤や、部品、歯車などのパーツを作る際に、同じ形でなければ動作ができないものも多くあります。木型はそうしたものを量産する時に重要なものなのです。同じ形やタイプの部品を量産する予定があるのならば先に木型を製作依頼すると良いでしょう。また、こうした部品や木型の形についても専門の会社では相談を受けているので、まずは「こうした動作をする部品が必要である」など相談してみても良いでしょう。